「まだホームページを持っていないので自社公式ホームページを制作したい・・・」、「新ブランドを立ち上げたので、追加でブランド用のホームページを新規制作したい・・・」新しく自社内でホームページを制作する場合、それを実現する手法はいろいろあります。

 

「自社にホームページ制作スキルを持っているものがおらず、ホームページを制作する時間も足りない・・・」、こういったお悩みをお持ちの場合Web制作会社にホームページ制作を代行してもらう方法が有効な選択肢の一つになります。

 

でも実際Web制作会社にホームページ制作を代行してもらう場合、具体的なメリットやデメリットが事前にわかったほうが依頼しやすいですよね。今回はWeb制作会社にホームページ制作を代行してもらうメリットとデメリットをご紹介。「メリットとデメリットを知ったうえで、気持ちよくWeb制作会社に発注をかけたい」という方はぜひご覧ください。

 

Web制作会社にホームページを制作してもらうメリットとは?

Web制作会社に自社のホームページを制作代行してもらうと、次のようなメリットがあります。

 

  • クオリティの高いホームページを制作してもらえる
  • ホームページ制作時の各工程を一任できる
  • 更新やページ追加などのアフターフォローもしてもらえる

クオリティの高いホームページを制作してもらえる

自社でホームページを制作しようとすると、デザインがお粗末になってしまったり、ホームページ作成サービスのテンプレートのままでオリジナルティがないなど、クオリティの高いホームページを制作しにくいのが難点。Web制作会社にホームページ制作を代行してもらえば、クオリティの高いホームページを制作してもらえます。

 

ホームページ制作依頼時は、「自社はこういう会社で、こういったテーマをユーザーに伝えて、最終的にこういった目標を達成したい」といった、ホームページ制作時に必要な基本情報を自社で設定したうえで、ホームページ制作代行会社と共有します。この共有の作業さえしっかりできれば、あとはWeb制作会社に「クライアントはITビジネス系だから青系をベースにして、こういったエフェクトを加えてユーザーを引き付けよう」など、集客までしっかり考えたホームページを制作してもらえるはず。

 

できあがったホームページは会社の財産になり長く使うものですから、クオリティには妥協したくないですよね。なるべくハイクオリティのホームページを用意したかったら、Web制作会社に依頼するほうが得策です。

 

ホームページ制作時の全工程を一任できる

ホームページ制作を自社だけで行おうとすると、

 

  • ホームページに貼る画像の選定やイラスト制作
  • SEOを考えたコーディング
  • ユーザーの動きを活かしたギミックの作成

など、さまざまな作業が必要になります。ホームページ制作ではイラスト制作や画像加工は「Webイラストレーター」、プログラミング関係は「Webエンジニア」など、さまざまな担当が1つずつ、または各役職を兼任しながらホームページ制作工程を処理していきます。つまりホームページ制作は本格的にやろうとするとそれなりのリソースが必要なので、「自社で社員の確保ができない・・・」といった問題も出てきます。
Web制作会社にホームページ制作を依頼すれば、ホームページ制作時の各工程における作業をWeb制作会社に一任可能。またホームページ制作にかかる時間などを考慮したコストは、Web制作会社に依頼したほうが結局安くなる可能性もあります。

 

ホームページ更新や追加などのアフターフォローもしてもらえる

ホームページは制作して終わりではありません。むしろ制作してからページ更新や、追加などメンテナンスの手間がかかってきます。

 

自社に時間のない、そしてスキルのない状態でホームページの更新や追加などの作業を行うと、コードエラーによるページレイアウトの崩れなどを引き起こすことも。Web制作会社にホームページ制作を任せれば、ホームページ制作後のホームページ更新や追加などのアフターフォローもしてもらえます。ホームページ制作後のメンテナンスが心配な場合は、そこまで含めてWeb制作会社に代行することをおすすめします。

 

ただしホームページ制作後のアフターフォローは別途費用がかかることが多いです。「ホームページ制作からアフターフォローまで一括してWeb制作会社に任せたい」という場合は、Web制作会社に制作後のメンテナンスにかかる細かい費用感まで相談しておきましょう。

 

Web制作会社にホームページを制作してもらうデメリットとは?

Web制作会社にホームページを代行してもらう際は、次のようなデメリットがあります。

 

  • コストがかかる
  • Web制作会社ごとに得意とするデザインが違う

 

コストがかかる

Web制作会社に自社のホームページ制作を代行してもらうと、当然のことながらコストがかかります。総合的に考えると自社でホームページ制作を手掛ける場合よりも結局安く済むことも多いです。しかし規模によっては制作時に数十万することもあり決して安い買い物とは言えません。
Web制作会社にホームページ制作を依頼するときは、「コストに見合った成果がホームページから得られるか」を事前にしっかり確認してからにしましょう。

Web制作会社ごとに得意とするデザインが違う

Web制作会社では、会社ごとに得意とするデザインが違います。例えば自社がスタイリッシュなデザインを制作したいのに、ポップなデザインが得意な会社にデザインを頼んでも、細かいところでデザイン的な齟齬が出る可能性も。

 

Web制作会社に依頼するときは、Web制作会社の実績や強みなどをインターネットで調べたり直接問い合わせて、「自社がデザインに求めるトンマナ(デザインの雰囲気など)と依頼する会社が得意にしているデザインが合致しているか」を事前にきちんと確認しておきましょう。

 

まとめ

今回はWeb制作会社にホームページ制作を発注するメリットとデメリットをご紹介してきました。
時間面やスキル面で自社でのホームページ制作に心配がある場合は、Web制作会社にホームページ制作代行をしてもらう方法がおすすめ。ただしホームページで意外と手間がかかるのは、制作後のページ追加や更新などのメンテナンスです。Web制作会社にホームページ制作代行をしてもらうときは、制作後のメンテナンスについても後々どうするかよく考えてから依頼をかけるようにしましょう。

 

弊社ダブルファクトリーでは、お客様と弊社の綿密なやり取りをもとに、質の高い後々まで資産となるような価値あるホームページを制作致します。またホームページ制作時のディレクションからアフターフォローまで、ホームページ制作で必要な工程をすべて代行可能です。気になる方はぜひ下記からお問い合わせをお願い致します!