この記事は今読んでいる7つの習慣と言う書籍の

感じたことのおぼえがきです。

 

主体的とは?

第1の習慣で「主体的に行動する」とあります。

しかし、驚いたのが私の考えていた主体的とまったく違う観点から

書籍では述べられていました。

と言うのもこれまでの考えでは

「率先して物事にトライする」や「自分で物事を判断する」

くらいしか思いつきませんでした。

それは主体的な人とそうで無い人の違いを見れば分かります。

主体的な人

  • 自分がチームのリーダーになる
  • 苦手分野を克服するようになる
  • あの人を好きになる
  • 困っている人を助ける人になる

 

主体的では無い人

  • チームのリーダーが悪い
  • 苦手分野はやめて新しいことをはじめる
  • あの人俺の事すきじゃないのかな?
  • 困った!助けてください!

 

全く正反対です!

誰かに腹を立てたり、誰かを否定したりした経験多々あります。恥ずかしながら。

しかし、この書籍を読み自分の考えが明らかに主体的ではなかった。

そして意味を履き違えていたことに気づくことができました。

 

まとめ

主体的な人間は自分が成る

そして、自分が変わる事で身の周りに影響を与え環境を変える

 

非主体的な人間はだれかに影響されて生きて行く

誰かの反応を常に意識し、傷つきやすく人生を誰かに左右されて生きて行く

 

主体的な人とそうでない人を比べ、結果としての違いは

25%や50%どころでなく5000%もトータルで変わってくるとの事です。

 

ものすごく勉強になりました。